ルノルマンカード占いとは?占い方は?

 

 

ルノルマンカード占い(Lenormand Cartomancy)は、タロットのようにカードを使ってリーディングをする占いです。カードの絵柄は、太陽、月、犬、家、本、指輪など日々の生活や自然に関わるもので、36枚で1セットとなっています。ルノルマンカード占いの歴史、占い方、タロットとの違いについて説明します。

 

ルノルマンカード占いの歴史

Lenormandカード占いは、1800年代後半にフランスやドイツをはじめとしてヨーロッパに広がりました。「ルノルマン」という名前は、18-19世紀にかけて活躍したフランス人女性占い師、マドモワゼル・マリー・アン・ルノルマン(Marie Anne Lenormand 1772-1843)にちなんでいます。

マドモワゼル・ルノルマンは、ナポレオン時代に名声を博しました。ノルマンディー出身の彼女は、パリで最大の成功を収めています。フランス革命時に重要だった人物を占ったり、ナポレオンの最初の妻、ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネの顧問だったとも伝えられています。カードはもともとはトランプのようなゲームと占いの両方に使用されており、現在の形のルノルマンカードは彼女が亡くなった後に作られたものです。

 

ルノルマンカードで分かること・占えること

 

ルノルマンカードからは、過去、現在、未来の全てを見ることができます。何が起こるのか、関係がどのようになるか、仕事はどのようになっていくのか、今後どのような人生の展開になっていくのかなど、予測するために使われます。

また、AとBの選択肢で迷っている場合に、Aを選択した場合とBを選択した場合のそれぞれの今後を見ることもできます(二者択一占い)。やるべきかやらないべきか、はい・いいえのどちらか答えが欲しい時には、Yes or Noの質問に対する回答も得ることができます(イエスノー占い)。

占うことができる内容は、あなたの人生に関わることほぼ全てに対応しています。

 

恋愛に関する悩み
人間関係(対人関係)の悩み
家族関係の悩み
この先の運勢を知りたい、これからの人生どうなるのか知りたい
この先いいことがあるのかどうか不安
運命の人との出会いはいつなのか知りたい
やりたいことが見つからない、わからない
今抱えている不安を解消したい
お金の心配事
人生の悩み
健康の悩み
今のままでどうなるのか知りたい
未来・将来に対する不安
自分が本当にやりたいことは何か知りたい
魂が本当に望んでいる未来を知りたい
人に言えない恋の悩み
など・・・

 

あなたが知りたい人生のこと、聞いてみたいことは全てルノルマンカードのスプレッドに現れます。また、ルノルマンカード占いは実践的なものにも向いていますので、漠然とした質問ではなく、はっきりとした質問にルノルマンカードの効果を大きくもたらすことができます。あなたの直感にもとづいたエネルギーにより選ばれたカードは、あなたがまだ気がついていない、でも心の奥底に潜んでいる潜在的なメッセージもズバリと現してくれるので、新たな自分の発見にも繋がります。

 

ルノルマンカードの占い方

 

 

ルノルマンカードは1枚からでも占えますが、一般的には3枚以上使うことが多く、36枚全てのカードを使ったものが最終的なグランタブローと呼ばれるものです。

リコベルで行っているカードリーディング(占い)は、メニュー・料金・ご予約のページをご参照ください。

 

タロットカード占いとの違い

 

タロットとの大きな違いの一つで必ず挙げられるのが、正位置と逆位置についてです。ルノルマンカードでは逆位置は使いません。カードのデザインで見ると、ルノルマンカードで使われているものは全て、私たちの身近に実在する自然のもの、動物、人物であるため、メッセージを受け取りやすいのが特徴です。

 

リコベルの占い

リコベルについて、行っている占い、考え方、占いをはじめたきっかけについて

 

オラクルカード占い

オラクルカード(エンジェルカード)占いとは

 

料金

占いメニュー一覧、料金のページへ