レイキとは

レイキ(霊気)とは、宇宙エネルギーを意味する、江戸時代以前からある言葉です。

中国では『気』、ハワイでは『マナ』、インドでは『プラーナ』と呼ばれていますので、この呼び方なら知っている、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私たちを含む宇宙の万物は、そのエネルギーによって生み出され、生かされていると考えられています。

レイキ(エネルギー)は私たちの周りに自然に満ちていて、私たちが持っている自己免疫力や治癒力は、そのレイキ(エネルギー)によって支えられています。そのため、レイキをしっかりと取り入れて流すことができていれば、私たちは心も身体も健やかな状態でいることができるのです。

私たちが日常的に使う言葉、『元気』『病気』『気分』『気持ち』といった言葉に「気」の文字が入っている通り、昔から目には見えないけれどもエネルギーとして「気」は存在していると考えられてきました。

実際、朝の清々しい空気を感じるとエネルギーに満ち溢れたり、場の雰囲気が悪いなと感じ取ったりすることは日常であるのではないでしょうか。そのように私たちは普段から『気』を感じているのです。

レイキが身体に満ちると、本来持っている自己免疫力が高められ、さまざまな病気を改善し、精神面でも穏やかになります。反対に、肉体的な疲労や精神的な疲労、ストレスがあると気が滞り、病気として身体に現れます。病気は気が滞った所に集まるのです。

レイキのことを知っている、知らない、信じる信じないに限らず、私たちの身体にレイキは常に流れているのです。

*私も最初はこのような目に見えないエネルギーを人に伝えたり、さらに離れている人に流すなどということはあり得ないと思っていました。。。ですが自分で何度もレイキの力を体験したこと、お相手の方の身体や心の状態が当たっているとのフィードバックをいただいたり、効果があったとのご報告をお受けする中で確信に繋がり、施術に入れるようになった次第です。

 

 

レイキヒーリング(レイキ療法)とは

レイキヒーリング(レイキ療法)は、手を当てて行う療法で、江戸時代以前からあった言われています。

昔の人は、手から気が出ていることを知っていました。これは私たちも本能的に知っていて、頭が痛いときに手を頭に当てたり、お腹が痛いときはお腹に手を当てたりしますよね?本能的に私たちは手からエネルギー(気)が出ていて、痛みを和らげることができることを知っているのです。

『手当をする』という言葉からもそのことが表されています。

身体に手をかざしたり手を当てたりすることで無限にあるエネルギーを取り入れ、気のバランスを整えます。気を整うことで、免疫力や自然治癒力もアップします。その結果として、健康を維持したり病気を予防したり、メンタル面が落ち着くようになるのです。また、物や場所にレイキを送ることで邪気切りをしたり浄化することもできます。

レイキ療法は、1920年代に臼井甕男氏が「臼井式霊気療法」と名付け、誰でもレイキが使えるような仕組みを作り上げたものです。その後戦争のために臼井式レイキは自然消滅的なこととになりますが、その間、海外で臼井式レイキの技術が伝えられていきました。1980年代に再び日本に逆輸入の形で戻ってきて今に至ります。そのため、臼井式レイキでも日本式と西洋式の2種類がありますが、リコベルではどちらの方式も取り入れています。

レイキは、免疫系、自律神経系、ホルモン系の機能を調整し、身体だけではなく心(精神・感情)にも作用しますので、気分が前向きになったり、不安が解消されたり、クヨクヨすることがなくなったりして心が穏やかになる効果もあります。心も身体も癒してくれるのがレイキです。

日本では欧米ほどレイキに関しては知られてはいませんが、アメリカではハーバード大学の関連病院の医師、看護師、関係者はレイキ療法の資格を取得する人たちが多く、手術の回復を早める効果に使うお医者様も大勢いらっしゃいます。

アメリカやイギリスにある医療系の大学では、レイキ療法の授業を多く見つけることができ、さらにイギリスではレイキ療法が健康保険に適用されるほど認められています。

 

レイキと気功の違い

レイキヒーリングは、宇宙にあふれている気(レイキ)を、レイキを流す方がパイプ役となって受けて側に送ります(流します)。そのことで気の流れを良くし、その方が本来持っている自己治癒力を上げていく手法です。

送る側のエネルギーを使うのではなく、私たちのまわりに溢れているエネルギーをその方に流していきます。送る側のエネルギーを使うわけではないので、施術後も送る側が疲れたり、俗に言う相手の気を『受ける』ということはありません。もし施術後にとても疲れたり相手の気を受け取ってしまっているとしたら、それは間違った手法をしているから。エゴや念が入るとレイキを正しく送ることができなくなり、そのようなことを招いてしまうのです。

これに対して気功は、施術する側の気を使う方法。気を送る側が気をねり出してその人の気を受けて側に送ります。そのため気功をしたあとは、送る側は自分での対処法を知る必要があると聞きます。相手の気を受けてしまったり、激しく疲労することがあるからです。

 

レイキヒーリングで期待できる効果

ストレスや疲れを取り除く
健康の回復
自然治癒力、免疫力を上げる
チャクラが整う(チャクラヒーリング)
持ち物(スマホやお財布、バッグなど)や場所の浄化
不眠症の改善
肩こり、目の疲れなどをやわらげる
便秘・冷えの改善
アレルギー症状を軽くする
怪我の後遺症の軽減
傷の応急処置
肌を綺麗にする
自分に自信がつうようになる
直感力が鋭くなる
他人への思いやりの気持ちが深くなる
人の気持ちがわかるようになる
イライラを解消して精神が落ち着く
人間関係が円滑になる
自律神経を整える
生まれてきた目的や使命がわかる様になる
など

レイキには肉体的精神的にさまざまな効果が期待できますが、医学的治療や診断をする医療行為ではないため、治療の代わりとはなりません。専門医にご相談していただきます様お願いいたします。レイキは治療の補助、身体の気の流れを整えて本来の免疫力や自己治癒力を高めるための療法です。

 

遠隔ヒーリングとは?

遠隔ヒーリングとは、離れたところにいる人や物に対してヒーリングを行う手法です。時間も関係がないため過去や未来へもエネルギーを送ることができるとされています。

私たちは実際に体を使って場所を移動する時には時間がかかりますが、意識は瞬間に飛ばすことができます。例えば海外のある場所のことを思ったり、離れている誰かのことを思ったりするのは、その瞬間に意識はそこに行っているのと同じです。過去のことを考えている時には思考は過去に、未来のことを考えている時には思考は未来に行っています。それくらい意識(エネルギー)は瞬時にして移動できるのです。もともと意識のレベルでは世界中のものが繋がっている、という考えが根底にあるため、レイキヒーリングをする側が送ったエネルギーが、対象とする人や物、場所に流れるというイメージです。

通常のレイキヒーリング同様、離れたところにいる人にレイキを流したり物や場所の浄化を行うこともできるのに加え、過去の傷を癒したりメンタルブロックを解除したり、未来の自分との対話なども可能になります。

リコベルの遠隔ヒーリングでは、ご本人とZoomを使ったオンラインでの遠隔ヒーリングと、ビデオを使わない方法の2種類をご用意しています。Zoomの動画を使いながら行う方法ですと、ヒーリングをしながらお身体や心の状態に関して気付いたことを、私の方から問いかけながら進めることができます。ビデオを使わない方法では、お約束の日時にヒーリングをさせていただきますので、リラックスしてご自宅でお過ごし頂けます。

 

レイキ(遠隔)ヒーリング 料金

遠隔ヒーリングはオンライン・オフラインからお選びいただけます。

身体全体の調子や運気を整えるチャクラヒーリングやおスマホやお財布、場所の浄化などに。

お得な回数券もご用意しています。

 
 
遠隔ヒーリング 30分
4,000円
遠隔ヒーリング 回数券
3回 9,000円〜
 
遠隔ヒーリング 60分
6,000円
物や場所の浄化
1,000円〜

レイキヒーリング(銀座サロン)

東京、銀座のサロンで行うレイキヒーリング。占いとの組合せや、アロマ・リンパドレナージュも行なっています。

 
 
レイキヒーリング 60分
9,000円
アロマセラピーと占いセット
60分 14,000円〜
 
レイキヒーリングと占いセット
60分 14,000円〜